いい住まいづくりとは、「いい環境づくり」のこと。高千穂グループ高千穂グループWEBサイト

理念・コンセプト

メッセージ

高千穂グループのはじまりは、1973年創業の株式会社高千穂です。グループの中心である株式会社高千穂は、住まいの夢を共に語りたい、お客様の満足を何よりも大切に、住まいを通じて生涯のお付き合いを理念に掲げて、住まいづくりに取り組んできました。その中で、環境共生、100%自然素材にこだわってきたことは、自然の流れであり、必然でもありました。

そのこだわりの延長線上に、創業者新留の故郷の厄介者とよばれていたシラスを原料とした日本初の壁材の開発があり、故郷の自然を守りながら地元を活性化させる製造工場の設立や地元の農家との協力と共にある新しい生産システムを創出し、高千穂シラス株式会社の設立へとつながりました。

シラス壁材の製造販売は、シラスが持つさまざまな能力や特殊性をより深く知るきっかけとなり、シラスの活用技術の研究開発の範囲も、建材から農業や芸術分野、光学分野、材料工学へと広がることでさまざまな技術や商品の開発を可能し、自然素材主義株式会社や株式会社高千穂シラスアグリ研究所の設立へとつながりました。

現在、高千穂グレープは、株式会社高千穂、高千穂シラス株式会社、自然素材主義株式会社、株式会社高千穂シラスアグリ研究所の4社で、軸足を「住」に置き、左足を「環境・健康」に置いて、さらなるグループの発展を目指しています。

高千穂からのメッセージ