いい住まいづくりとは、「いい環境づくり」のこと。高千穂グループ高千穂グループWEBサイト

エコ・自然環境

ふれあいの丘

馬を軸に、人が集まり、笑顔になる。人と人、人と自然を結ぶ地域のコミュニティ

活動概要

かつて里山には自然の豊かな恵みがありました。
里山を中心とする人々の生活は、人、自然そして生き物が共生する自然循環的社会を形成し、近年に至るまで日本各地で見られました。そして、それぞれ地域固有な伝統と知恵が育まれており、都城市山田町中霧島周辺も同様で、農業、畜産業、林業を主体とした里山の自然と共にある暮らしは、自然環境そのものでした。

しかし、エネルギー事情や人々の生活様式が変わり、大量な生産、消費、そして廃棄の時代に里山での暮らしは敬遠され、シラス建材製造工場がある山田町中霧島周辺についても若者が離れ、高齢化が進んできました。残された里山の環境も人の手を離れれば荒廃してゆくしかありません。このままでは自然のみならず、その自然と共存するために手にした知恵まで衰退しかねません。

地球規模の温暖化防止策が論じられる昨今、自然環境の大切さを後世まで伝えると共に、地域の活性化を図りたいと考え、まずは残された身近な里山の自然環境保全を行うため、「ふれあいの丘」を2010年に開園しました。「ふれあいの丘」を拠点とし、都市と山田町中霧島をつなげて人々が交流することで、周辺地域の里山の自然や自然と寄り添って暮らしてきた知恵や文化を伝え、地域の活性化を促進するともに、自然と文化の保護に寄与することを目的としております。

これまで、山田町の自然を活かした馬場を作り、小動物を飼育し子どもたちに命の大切さを知る機会をつくり、また花壇や農園をつくるなどして、里山の自然を活かしながら、地域の活性化につなげる活動をしてきました。
2015年9月からは、特定非営利活動法人都城ふれあいの丘・里山カレッジを設立し、地域に定着し、行政や関連団体との連携を深め、社会的貢献度や信頼性を高め、社会的にも認められた公的な組織となっております。

施設概要

  • 敷地面積:15,000坪
  • 体験乗馬
  • ミニ動物ふれあい
  • 里山散策ウォーキング
  • フラワーガーデン
  • 手作り料理&食事会
  • ウッドデッキ、バーベキュー等の施設
  • 多目的広場

詳細情報

詳細情報は、ふれあいの丘公式サイトをご参照ください。